モテ期到来で挽回できたバイアグラにお礼!勃起不全に悩んだ辛い過去

バイアグラの詳細

誰でも一度は耳にしたことがあるED治療薬と言えば何を思い浮かべますか。多くの方がバイアグラを思い浮かべると思います。
バイアグラとは、アメリカのファイザー製薬が1998年に販売を開始し、瞬く間に世界中で人気となり現在でもその地位を保っています。
男性にとってのあこがれの存在のため様々な事件が世界中で起こったのです。
まず最初にどのような薬かだけご説明したいと思います。
男性が性行為時に思うように勃起できない症状を一般的に勃起不全と言います。
医学的用語としてはED(イーディー)と言いますが、勃起できないと一概に言ってもまったく大きくならない以外にも、勃起できてもそれを維持することが出来ない、勃起するのに時間がかかってしまうなど症状は様々です。
勃起不全の理由として、高年齢などもありますが、そのほかに生活的習慣病や、精神的要因などもあります。
これらが原因でおこる勃起不全に対して、有効成分のシルデナフィルが勃起の促進を促してくれるのです。
もちろん飲んだだけでは勃起できず必ず通常と同じような刺激や興奮を必要とします。
ではどのような治療薬かはご理解いただけたと思いますが、この治療薬にまつわる事件などを紹介したいと思います。
販売当初まだED治療薬が日本では販売されていなかったのですが、雑貨輸入業者の従業員が600錠ものバイアグラを盗んだのです。
会社から持ち出したまま行方が分からなくなり、逮捕されたのでした。
この容疑者は半分以上売ってしまい、そして一部は自分でも使用していたと供述したのです。
この事件のほかにも、この治療薬に絡んだ事件は多発してしまい、日本ではニトログリセリンなど併用禁忌の薬もあることから、異例の翌年に厚生労働省から承認されたのです。
現在世界では3種類のED治療薬が販売されており、日本でもそのすべてが承認されています。
アメリカでは実は2013年にファイザー社から通信販売で販売することを発表されており、それだけ人気の高い商品の為偽物対策を取らざる負えなくなったのです。
このファイザー社の通販ですが残念ながらアメリカ国内だけの販売で日本ではファイザー社から直接購入する事はできません。
しかしインドの医薬品であれば通販で購入することが出来るので、日本にいながら通販で手に入れることが出来るのです。