モテ期到来で挽回できたバイアグラにお礼!勃起不全に悩んだ辛い過去

勃起不全の対策

従来は勃起不全(ED)になるのは加齢が原因とされていましたが、実際には様々な原因があります。
もちろん年齢を重ねていくと勃起不全が発症する確率が高くなるのは確かです。
しかし、それは年齢だけが理由なのではなく、今までの積もっていた不満や栄養バランスの悪い食事が理由になっていたり、働いてばかりで体を動かしていなかったり、いつもお酒をたくさん飲んでばかりだったり、喫煙のしすぎだったりという、日頃の習慣が原因となっていることが多くなっています。
さらに、糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病になっている方はさらになってしまう確率が上がってしまいます。

ペニスが勃起するまでのメカニズムは以下の通りです。

1.性的な刺激・興奮を受ける
2.脳から信号を発信
3.信号が神経を通りペニスに届く
4.陰茎海綿体の動脈が拡がり血がたくさん流れる
5.勃起する

これが正常に勃起が出来るときの勃起の仕組みです。
もしも、血管そのものに動脈硬化のような弊害が見られている場合は、陰茎海綿体の動脈が拡がりづらくなっているため、血がたくさん流れないで陰茎の状態が変わらなかったり、満足のいく勃起をしないという事態が生じます。
糖尿病などになっているとEDになってしまう確率が上がるのは、これらが原因になっています。

それではここからは更に詳しくEDの原因を説明しましょう。
勃起不全となるのには広く分けて2つ理由があります。
それは心因性EDと器質性EDの2つになります。

心因性EDとは、イライラや日頃のストレスが溜まっていたり、昔の出来事などが精神を追い詰めていってなるEDです。
反対に器質性のEDは体に何かしらの異常があり、それらのせいで起こるEDです。
先程も書いた日頃の生活などのものはこちらの器質性のものに分類されます。
若くしてED隣る人の多くは先に述べた心因性のEDで、年を取ってからEDとなってしまった人の多くは器質性のものの可能性が高くなっています。
心因性のEDは疲れが取れない時やいらいらが募ったり、昔の出来事で起こり得るものになっています。
こちらが原因のときの対策は、亜鉛やマカなどが使われた精力増強剤などを使っていくというものです。
他には病院などに行き、医師やカウンセラーに相談をするということもおすすめの方法です。

器質性EDは血の巡りがいまいちとなっていて起こっているものになるため、毎日の暮らしから見直していくことが必要です。
またシアリスやバイアグラ、レビトラなどを使っていくことでも対策になるため、使ってみてください。
使っていく時は、病院での処方とネットの個人輸入を利用する方法の2種類がありますが、値段で比べるとネットの個人輸入を利用するほうが安いため、個人輸入での購入をおすすめします。